注意、TPOが重要な着物の種類

日本の伝統衣装である着物には、TPOに合った種類が見受けられます。そのために、着物の種類を把握して、その場にふさわしい着こなしをすることがとても重要です。 未婚女性の第一礼装は振り袖ですから、既婚者が着用するのは適さないとされています。既婚者の第一礼装は留袖であり、結婚式や授賞式など晴れの場に最適な着物の種類として認識されています。特に、黒留袖は最高の礼装として知られています。また、訪問着や付下げも格式の高い着物ですが、家紋をつけることによって、さらに礼装としての格が上がります。年配者の場合、家紋をつけた色無地も品位がある上に格の高い着物として重宝されています。既婚者の礼装の帯は、袋帯のお太鼓結びが一般的です。 また、お茶会や気軽なパーティーに出席するならば小紋が適していますし、帯も変わり結びで華やかに演出することが可能です。さらに、着物や季節によって、単衣や袷など種類が異なりますので注意が必要です。